闇金の悩みはこちらで解決!無料相談

闇金被害の無料相談です!

ヤミ金からの取り立てや嫌がらせの被害で困っている。

ヤミ金に返済するお金がもうない。

どこに相談すればいいのか、わからない。

誰か助けてほしい。

このような人は、このサイトを読んでください。

私もかつて、闇金から借金をしてしまいました。
そして、返済が滞って、取り立てや嫌がらせをうけて困りました。
もう、どうしていいか、わからず、不安で不安で、「誰か助けてほしい」と思いました。

そんなとき、目にしたのが「司法書士の闇金無料相談」です。

とにかく、わらをも掴むかんじで電話をかけました。そして、アドバイスをうけました。
話を聞いていると、なんだか目の前が明るくなり、借金問題を解決できるような気がしてきました。

司法書士に闇金との交渉を依頼。

そして、闇金の借金をなくしてもらいました。
勿論、嫌がらせもなくなりました。

現在は貯金が約150万円あります。もう、闇金はこりごりです。

かつての私のように、闇金の借金で悩んでいる人はこちらで相談してください。
また、お金がなくて闇金に返済できない人も相談してください。

必要であれば、解決を依頼し、ヤミ金と交渉して借金をなくしてもらいましょう!

闇金の無料相談
ジャパンネット法務事務所
0120-758-685

※全国どこからでも大丈夫です
※次の返済日がくる前に相談しましょう

闇金の借金地獄から抜け出したい

ヤミ金の借金が払えない。
闇金の借金地獄から抜け出したい。

という方も多いことでしょう。
ヤミ金は利息が高いので、借りてしまうとなかなか完済できません。継続的にジャンプをし、気がついたら借金地獄に陥っている。
ヤミ金から借りているということは、消費者金融やクレジットカードからも借りていることでしょう。そちらも返済が苦しいはず。
私もそのような状況でした。

私がとった行動は?

  • ヤミ金の借金……司法書士にヤミ金との交渉を依頼し、借金をなくしてもらった
  • 消費者金融やクレジットカードの借金……司法書士に任意整理の手続きを依頼し、和解

現在、ヤミ金の借金はなし。消費者金融やクレジットカードの借金は残っていますが、任意整理をしたので、無利息・長期という条件で毎月、少しずつ返済しています。

「なんだ、まだ借金が残っているのか」

そう思った方もいることでしょう。
たしかに、借金は残っています。約22万円です。
しかし、貯金もあります。約150万円です。

なので、今は借金地獄というほどではありません。

あなたも、私と同じようにすれば、借金地獄から抜け出せる可能性が高いといえます。
「同じように」とは、闇金の借金を司法書士になくしてもらい、消費者金融やクレジットカードの借金を債務整理する、ということです。
手続きが大変、と思うかもしれませんが、借金地獄でもがいているほうがよっぽど大変です。
思い切って、動いてみてください!

闇金と消費者金融の違い

“闇金とは、闇の金融業者、すなわち、当局に無許可で営業をしている金貸し業者のことで、多くの場合には、非合法業者であるとともに詐欺行為などを働く犯罪集団であることがほとんどです。このことが分かっていれば、最初から利用する人は誰もいないのですが、問題なのは、貸金業者である消費者金融に成りすまして顧客に近づいてくることです。
このように、闇金融と消費者金融とは、全く異なる存在ですが、非合法組織である闇金は、大手消費者金融業者の名をかたったり、あるいは、中小の消費者金融業者に成りすましたり、銀行系であるかのようなふりをして顧客に近づいてきます。もちろん、正規の貸金業者の場合には、当局から正規業者である証の登録番号を受けています。従って、この登録番号を確認することで、正規業者であるかどうかが判断できます。
ところが、最近では、闇金融の中には、偽の登録番号を表示するところも出てきており、これだけを見て安心することもできません。ただし、疑わしい場合には、金融庁の登録貸金業者検索サービスを利用して、最新情報をチェックすることができますので、ここで確認することができます。このように、少し調べれば簡単に見極めることが可能ですので、決して闇金を利用することのないようにしなければなりません。”

法定上限金利以上の利息

トイチとは「10日で1割の利子」のことを意味し、年利で365%の金利を言います。
ここでは、具体的な金額を基にトイチがどういうものであるか少しお話ししたいと思います。
例えば、10,000円を複利法におけるトイチで借りるとします。10日後、一割の利子が発生するため。11,000円となります。
20日後、返済しないままでいると、元金(10,000円)と利子(1,000円)を合わせた額を元金としてその1割が利子となるため、12,100円となります。
30日後は、返済しないままでいると12,100円を元金としてその一割が利子となるため13,310円となります。
これを繰り返していくと半年後に約5万円、1年後には約30万円、2年後には約1,000万円、3年後には約3億円になります。
つまり、最初は少額でも指数関数的に利息が増えてくるため、数年後にはあり得ない金額になるということです。
このトイチを行っているような高額高利貸し業者に対しては、法定上限金利以上の利息を支払う義務はなく、貸付自体が不法原因給付になるため、元本すら返済する義務は無いという裁判所の判例があります。
トイチのヤミ金業者は今現在も多くいますので、トイチは日数がたてばたつほど利息が増えることを理解した上で、絶対に借りないようにしましょう。

銀行口座を売ってくれといわれたら

闇金への利息が払えなくなると、闇金が怪しい話を持ちかけてくるときがあります。
その一つが、口座の売却です。

利息の代わりに、銀行口座を作ってくれ。
お金に困っているのなら、銀行口座を買い取ってやる。
借金の増額はできないが、銀行口座なら買い取ってやる。

金銭的に苦しいと、つい話に乗ってしまいますよね。
口座はタダで作れるので、お金になるのならおいしい。
もうヤケクソ。口座がお金になるのなら、いくらでも作る。
そう思うかもしれません。

しかし、絶対に口座を売ってはいけません。
なぜなら、逮捕される可能性があるからです。

闇金に売った口座がどのようなことに使われるかは、闇金と取引をしていればだいたいわかるでしょう。
闇金に売った口座は、違法な貸付や、その回収に使われます。犯罪に使われるわけです。
持っている口座を売った場合は、犯罪収益移転防止法違反
売買目的で口座を作り、売った場合は詐欺罪
口座を売るということは、危険な行為なのです。

すでに口座を渡してしまった場合はどうすればよいのか?
まだ闇金に返済しているのであれば、当サイトで紹介している無料相談に電話をかけて相談しましょう。
すでに返済しているのであれば、警察か銀行に相談しましょう。ただ、「口座を売った」というと、まずいかもしれません。

闇金の借金で夜逃げするくらいなら司法書士に相談

闇金は、素人がひとりで悩んでいてもいつまでたっても解決するのは難しいでしょう。
恐ろしい取り立てに、精神的にも参ってしまうのではないでしょうか。
自分が借金をしてしまったが為に、家族や友人、会社にまで迷惑をかけてしまう事もあるのです。
そういった際には、迅速に対応して貰う事が出来る法律事務所へ依頼をすることをお勧めします。
一昔前までは、夜逃げをするという人も少なくはありませんでしたが、結局はずっと追われているという感覚から逃れる事ができずに苦しんでしまう事になりかねないのです。それならば、闇金を交渉してもらい、心機一転新たなスタートを切るという事をお勧めしたいところなのです。
無料相談は24時間受け付けており、電話やメールからでも対応をしてもらう事が出来るのです。まずはどんなものなのか、相談だけでもしてみるといいでしょう。

消費者金融やクレジットカードの借金がある場合

どこからも借金がない状態で、いきなり闇金から借りる人は少ないと思います。

闇金から借りる人のほとんどは、消費者金融からの借金やクレジットカードの支払いに追われています。

そして、行き着く先はヤミ金ということです。

闇金の借金問題は、闇金に強い司法書士に介入してもらうことで、解決することができます。

消費者金融やクレジットカードの借金問題も同じように、債務整理に強い司法書士に介入してもらうことで解決することができます。

私の場合、クレジットカードの支払いに追われて闇金から借りてしまいました。

闇金の借金問題は司法書士に整理を依頼し、解決できました。

クレジットカードの借金問題も司法書士に整理を依頼し、解決できました。

クレジットカードの借金は、司法書士の勧めによって任意整理をしました。

消費者金融の借金やクレジットカードの支払いに追われている方は、一度、司法書士の無料相談を受けてみることをお勧めします。

詳しくはこちらのサイトを選んでください。
任意整理した主婦のブログ